他科から精神科医への転科のすすめ

2019/4/4投稿

とある病院は精神科の専門病院ですが、他科を標榜している医師の勤務も歓迎しているそうです。「今の診療科は大方極めたので、精神科で心の領域を極めてみたい」、「現在のストレス社会や今後の高齢化を考慮すると精神科の需要は高まるだろうから、今の診療科から精神科へ転身しよう」といった医師を歓迎しており、実際にこの病院で働く常勤医師の中には他科から転科した医師も含まれています。 こちらの病院の特徴としては、精神一般病棟、精神療養病棟、特殊疾患療養病棟、認知症病棟といった4種の病棟をもつことが挙げられます。今後は、精神科急性期治療病棟を新たにつくることで、急性期に集中的な治療を要する精神疾患患者への対応も可能にする予定です。 外来部門については、今後増えてくると考えられる精神科医療における地域医療の需要に応えられるよう、デイケアの拡充を試みています。 この病院の関連施設として、メンタルクリニックやメンタルクリニックに併設されたデイケアセンター、訪問看護ステーション、介護保険グループホーム、介護保険グループホームに併設のデイサービスがあり、県や市からの委託事業も行っており、幅広いニーズに対応が可能となっています。 この病院がある医療圏では数少ない精神科専門病院として、地域の連携や行政、福祉、教育、司法との関係が緊密で多数の症例が集まります。 また、初期臨床研修を修了した医師を対象に、精神科医療の専門的な臨床技術の習得を目的とした後期研修も行っており、関連病院にて精神科スーパー救急外来での研修機会も提供しているんだとか。もちろん各病院によって状況は違いますから、詳しくは病院ごとに調べてみるとよいでしょう。



サイト管理人

サイト管理人
飲み会大好き!管理人のチヨコです!
お仕事で得た知識をもとにしつつ、皆さんのお手伝いができたらいいなと思ってます。
お問い合わせ:info@beerbarbicke.com

免責事項

当サイトに掲載してある全ての情報に関しては、掲載時の情報となっています。そのため時間が経過すると掲載時のそれと相違が生じることがあります。またあくまでサイト運営元の主観であるため、実際の状況とも相違が生じる可能性もあります。 当サイトの情報の利用は自己責任でお願いいたします。当サイトの情報をソースとして閲覧者が行ったことおよびその結果に対し、サイト運営元は決して責任を負いません。 また当サイトの情報は必要に応じて予告なく変更する可能性もあります。